こだわりのジャンルで選べる!エクシオの婚活パーティー・お見合いパーティー

トップページへ
パーティージャンル:レギュラーパーティー

男性EXECUTIVE編

対象:男女 年収500万円以上の男性

「婚活」という言葉がメジャーになりました。昨今、極めて厳しい就職活動(就活)に見立てて、社会学者の山田昌弘氏が、考案した言葉です。「婚活」という言葉が初めて世に出たのは、『AERA』2007年11月5日号。ちなみに、山田氏は後に白川桃子氏と『「婚活」時代』を執筆しています。
動機として「日本の結婚の実態を明らかにし、“結婚出来ないけれど、したい”という人達をサポートする事が必要だと思った」とインタビューで答えています。またそれに伴い、「離婚活動」(離活)、「恋愛活動」(恋活)等の造語も2008~9年頃から使われるようになりました。
婚活の際に相手に求める条件で「年収」が取りあげられますが、「年収」といっても年齢や地方によって一概に言えないものです。
都道府県別の平均年収ランキングベスト10を見てみると、1位はやはり東京都で599.7万円となっています。2位は神奈川県で554.0万円。3位は愛知県の532.7万円。4位は大阪府の523.6万円。5位は茨城県の506.5万円。6位は滋賀県の492.1万円。7位は京都府の486.9万円。8位は三重県の485.4万円。9位は千葉県の483.7万円。10位は静岡県の482.2万円となっております。東京都と大阪府で70万円以上も離れているのが意外ですが、六本木ヒルズに住んでいるような人たちも含めての平均になってしますので、どうしても首都東京が頭一つ抜けてしまうのかもしれません。続いてワースト5を見てみましょう。43位、山形県の363.2万円。44位、岩手県の361.2万円。45位は秋田県の358.6万円。46位、青森県の352.4万円。47位は沖縄県の324.5万円となっています。東京都と沖縄では実に270万円以上の差があります。物価の違いなどもあり、生活水準にはあまり差がないようですが、平均年収はここまでの差があるのですね。このデータは全ての年齢を合わせてのデータのため、独身男性の平均はもっと下がる事が予想されます。結婚後の生活設計を考えて、年収のしっかりした方と結婚したいとお考えの方は、「男性EXECUTIVE編」にご参加ください。「男性EXECUTIVE編」は、男女共に26歳~40歳位、及び男性の方は年収500万円以上の方にお集まり頂くパーティーです。ハイクラスな大人の男性にお集まりいただいているので、きっと素敵な出逢いがあるでしょう♪

スケジュールを確認する


パーティーの流れ



1一対一で全員の異性の方とのトークタイム


2印象確認カードとアプローチカードの記入


3フリータイム


4最終投票カード記入後、カップルの発表


※流れが上記と異なる会場がございます。



参加者の声


 

付き合っていた彼に年収を聞く事が出来ないタイプでしたので、結婚を前提にお付き合いする方の年収が最初にわかっていればな~と漠然と思っていたところ、こちらのパーティーを見つけました。このパーティーで出会った彼ともうすぐ結婚予定です。出逢いの時点である程度の年収が分かっていたので、結婚式の予算ですとか、今後の生活設計が立てやすくてとてもスムーズに結婚まで漕ぎ着けました。



レギュラーパーティー一覧